【2019年】フランスワーホリに自力で行こう!【出発前までの流れ】

英語は中学生程度、フランス語力ゼロの24歳の私が

そうだ!フランスへ行こう!

と思い立ってからフランスワーホリ出発前までの流れを紹介します。

なお、ワーキングホリデーは国や年により規約の変更が頻繁に行われます。

こちらのサイトは参考程度に、

ご自分で政府の公式サイトに従ってしっかりと確認をお願いいたします。

フランスワーキングホリデーは

こちらの在日フランス大使館のサイトへ!

なお筆者のワーホリ目的は、すこーし語学学んでとりあえずフランスに住んでみて、旅行もちょっと行けたらいいなーという目的の人生の夏休み型ワーホリです。

ワーホリ仲介会社は使った?

結論から言うと、使っていません。

なぜなら

何から始めたらいいかわからない。

とりあえず無料説明会でもいくか。

ということで無料の説明会に行ってみました。

しかし!

  • 自分で海外保険を選ぶ
  • 自分で学校を選ぶ

どちらも不可でした。

え、高っ…無理…自分でやるわ。

ということでワーホリ仲介業者は使いません。

でも説明会で、シェンゲン協定についてや語学力の重要性などが分かったので良かったです。

自力で行く方も一度無料のものに参加してみることをお勧めします。

予算はどれくらい?

私の場合は全額150万でした。

3ヶ月の語学学校と、5万円くらいの家に住んで近郊旅行をちょこちょこと行ける値段です。

予算を抑えたい!おすすめ格安計画!

私が渡航前の準備で低くした予算はこちら

  1. 海外保険
  2. 語学学校
  3. 日本の銀行変更

1.格安のフランスワーホリのための海外保険

私はアリアンツ社グローブパートナーにしました。お値段8万円以下でした。

通訳が付かないのが不安でしたが、風邪を引かない自信しかなかったのでこちらにしました。

ただ歯の詰め物が欠けた時はこちらの保険が使用できなかったため頑張って欠けた部分が虫歯にならないように念入りに歯磨きをしていました。

日本の保険は最低でも10万円以上しますので、おトク度は一番だと思います。

2.語学学校を田舎にする

私はパリ以外のフランスの田舎に住むことにも憧れていました。

しかし、語学に不安が…そこで名案を思いつきました!

田舎に住みつつ語学学んでそこの寮に住めば安心だ!

(…あとパリは治安の面が本当に怖いので田舎でウォーミングアップをしたい気持ちもありました。笑)

ということで湖が好きな私はヨーロッパで二番目に透明度が高いというアヌシーと言う街を選びました。

語学学校はIFALPESというところにしました。

英語も未熟なためメールでのやりとりは大変でしたが、勉強になって良かったです。

授業は全部フランス語で習いますが、とてもわかりやすく説明してくれるのでとてもおすすめな学校です^^

やっぱり友達もできるし、言葉が少し分かり、その後のパリの生活もより楽しめ学校通ってよかった〜

3.銀行を変える

私はワーホリのためにソニー銀行を残高管理の銀行に変更しました。

ソニー銀行日本円と外貨預金口座とを組み合わせて管理できるのが特徴です。

為替手数料が安く、Sony Bank WALLET というデビッドカードを使えば海外事務手数料が無料になります。

普通に海外デビットカードをお店で使用時すれば、自動で外貨預金から引き落とされます。

また、外貨預金がなくなっても日本円から自動でチャージされます。

便利すぎるし、おトクになるのでとってもおすすめです。

パリでの仕事と家について

ネットで出来ることは日本人向け求人、不動産サイトをあらかじめ見て、大体のお給料や家賃を決めておくことくらいですね…

だいたい時給はSMICと呼ばれる最低賃金です。

家賃は500€くらいで家具付き、光熱費込み、洗濯機付き物件がおすすめです。

探す際はこちらのMixBというサイトが見やすかったです。

仕事も家も両方掲載してあります。

あとは向こうに行ってから何とかなります。

語学学校をひとまず先に確定

学校を決める

入学日に合わせて出発日が決まる

ビザ申請の提出書類に確定日が記入でき、信頼度が増す

…かなと思ったのでビザ却下リスクはあったものの私はビザより先に申し込みました。

学校のキャンセル保険に入ればキャンセルもできるので例え却下されても大丈夫だろう…ということで(笑)

アヌシーにしたのは、画像検索してフランスの田舎に住むならここがいい!

と思ったからという単純な動機です。

湖が綺麗な素敵な街ですのでぜひ!一度検索してみてください!ぜひ!

格安海外送金

語学学校への振り込みは海外送金が主になります。

しかし、ふつうに銀行で送金しようとするとめちゃくちゃ高い!!

そこでトランスファーワイズというサイトを使っての送金方法がおすすめです。

普通送金といえば銀行から銀行へというものですが、トランスファーワイズは世界に口座を持っています。

例えば

【Aグループ】

日本→10万→フランス

【Bグループ】

日本←10万←フランス

がいるとします。

しかし国境を超えるととっても高い送金手数料がかかります。

それなら日本のAとBで、フランスのAとBでお金を交換すればいいじゃん!

簡単に言うとこんな感じですね。ユニークな仕組みです。

このようにして銀行間の仲介手数料が無くなるので安くなります。

しかも、全てネットでできて楽チンです。

ソニー銀行もネットバンクなので、店舗やATMに行くことなく送金出来ました。

飛行機を予約する

入国日を書かねばならないのなら、飛行機を予約せねばならぬ!

そして早くしないと高くなる!

と思いビザ取得前に却下されるかもしれないリスクを負いながら飛行機も予約しました。

その後どこかのブログで

入国日はおおよそでいいよ

というようなことが書いてありました…

真偽はヨクワカラナイ…

ビザを取得する

以下の方法で自力で取得出来たので、良ければ参考にして下さい。

①在日フランス大使館でワーキングホリデービザについてよく読み、書類をダウンロードする

必要な書類は在日フランス大使館のホームページからダウンロードします。

また、ワーキングホリデービザについてのページとよくある質問をよく読みましょう。

※よくある質問は質問がなくても見ておきましましょう。重要なことが書いてあります

②いろいろなフランスビザ取得についての情報をブログを参考に、集める

フランス大使館側が明記出来ない様々な注意点があるようです。

情報の真偽に気をつけながら、様々なブログを参考にすることをおすすめします。

※なお、ビザの情報は変更されやすいです。最近も30歳までが年齢制限でしたが29歳に引き下げられるという変更がありました。私のブログに記載してある情報は2019年3月時点のものですので、現在の条件などは在日フランス大使館サイトにてご確認下さい。

ビザ取得で必要な動機作文で特に気をつけたこと

フランスワーキングホリデービザにはA4、1ページにびっしり書く動機作文が申請に必要です。

以下、様々なフランスワーホリビザ取得ブログを参考に特に私が気をつけた点です。

  • あくまでワーキングホリデービザの特徴である、観光と仕事の両方を楽しみたいことが分かる文章にする。(どちらかに偏ると他のビザを勧められ、却下される場合があるため)
  • 現在フランスは移民問題を抱えており、移民に対して敏感。ワーホリの1年間は移住や仕事目的ではないことが分かる文章になるようにする。
  • パティシエやデザイナーなど専門職の仕事に就くことを目標にした文章にしない
  • 一度ビザ却下されると取得がしにくくなるようなので挑戦はせず、安全な方法にする。
  • ワーホリビザは移民は避けたいけど観光してお金を落として欲しいというのが本音のビザ?かも?ということを、念頭に。

以上のようなことを気をつけました〜

残高はいくらくらいがいいの?

また、残高証明が必要なのですが、最低必要残高ギリギリだとお金をあまり落としてもらえないと思われる可能性もあるので、私は100万くらい入れて証明書を提出しました。

実際却下された例を拝見し、そこもポイントなのかも!?と思ったので

ネットを調べるとより詳しい情報を記載しているサイトがたくさんあります。

ビザの面接

東京の大使館で面接をする必要があります。

恵比寿にあるおしゃれな建物でした^^

面接の様子ですが、面接室がある訳ではなく銀行のカウンターのようなところで会話をする程度です。

私は全て日本語でした。

質問内容は?

・主なスケジュール

・目的

・語学はどの程度?

・パリは危ないから気をつけてね〜

・仲介業者使った?

などでした。

動機作文と食い違わないように気をつけて、語学はフランス語は習っていないしできないことを正直に話しています。

また、仲介業者は使ってないという方が有利かと思いました。

面接官もやたら仲介業者について気にしてる感じでした。

おそらく動機作文が自分の意思ではないと思われるからでしょうか?

大使館のサイトでも仲介業者は認めていないこと、無料で大使館に相談できることを主張しています。(大使館サイトに記載されていることや、よくある質問に書かれていること以外の質問があれば、メールで回答してくれるそうです)

フランス語を勉強する

全くフランス語に触れたことがないまま、英語もさほどわからずに行く人は、日本語教材が買えるうちに買いましょう

余裕があればフランス語教室に通うことをお勧めします。通っておけばよかったと後悔しております(笑)

荷物を詰める

全てスーツケースとリュックに入れました。

船便の手段もあったのですが、

6月から8月までアヌシーで、10月に家が決まったとして到着するまで2.3ヶ月……すでに真冬突入…意味ない!?

と思ったのでやめました。

現地でいろいろ買うだろうし!

船便は帰国時に使おうと思います。

スマホをSIMフリーに

フランスのfreeというSIMを使います。

  • 通話とSMSが無制限+4Gのデータ通信が100GBで1か月19.9€
  • 固定電話なら日本への通話も無料
  • 自販機で購入可能

安すぎるーーー

自販機とか便利…

ということで、ソフトバンクをSIMフリー&契約停止(電話番号補完代がかかります)にしました。

現地でSIMを購入するまでネットと電話が使えなくなるので出発前日に行いました。

かかった準備期間は?

思い立ってから4ヶ月ほどでした。

少しでもフランスワーホリに興味があるのならば独学もいいですが、なくなるべく早く教室に通うことをお勧めします。

以上、主な流れでしたー!

自力でやるのは大変だけど面白かったです!

予算計算とかも楽しかった!笑

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました